清音・撥音 濁音・半濁音 拗音(清音) 拗音(濁音・半濁音) 促音 長音記号

ローマ字入力のために

現在ではコンピュータにおける日本語入力はローマ字による入力が主流となっています。 そのため、日本語とローマ字入力の基本的な対応表を用意しました。 日本語入力の時の参考にしてください。 入力の便宜上必ずしもローマ字としては正しくないものもあるので注意してください。

清音・撥音

n
nn
wa
ra
ya
ma
ha
na
ta
sa
ka
a
wi
ri
mi
hi
ni
chi
ti
shi
si
ki
i
ru
yu
mu
fu
hu
nu
tsu
tu
su
ku
u
we
re
me
he
ne
te
se
ke
e
wo
ro
yo
mo
ho
no
to
so
ko
o

撥音「ん」の入力は基本的には「n」でも「nn」でもよい。
但し、母音「あいうえお」や半母音「やゆよ」の前の「ん」には注意すること。
MS-IME の入力例(nの数に注意
「hanyuu」→「はにゅう」; 「hannyuu」→「はんゆう」; 「hannnyuu」→「はんにゅう」
「shinai」→「しない」; 「shinnai」→「しんあい」; 「shinnnai」→「しんない」

濁音・半濁音

pa
ba
da
za
ga
pi
bi
di
ji
zi
gi
pu
bu
du
zu
gu
vu
pe
be
de
ze
ge
po
bo
do
zo
go
うの濁音「ヴ」は片仮名のみ存在する。

拗音 (清音)

xwa
lwa
xya
lya
ふぁ
fa
りゃ
rya
みゃ
mya
ひゃ
hya
にゃ
nya
ちゃ
cha
tya
しゃ
sha
sya
きゃ
kya
xa
la
ふぃ
fi
xi
li
xyu
lyu
りゅ
ryu
みゅ
myu
ひゅ
hyu
にゅ
nyu
ちゅ
chu
tyu
しゅ
shu
syu
きゅ
kyu
xu
lu
ふぇ
fe
xe
le
xyo
lyo
ふぉ
fo
りょ
ryo
みょ
myo
ひょ
hyo
にょ
nyo
ちょ
cho
tyo
しょ
sho
syo
きょ
kyo
xo
lo

小さい「ぁぃぅぇぉ」を出すのは最近では x を使うのが主流。
「lalilulelo」は「らりるれろ」と出る場合もある。
「怖いなぁ」は「kowainaxa」と入力する。
基本的に小さい文字を出すためには頭に x を付けると覚えておくとよい。

拗音 (濁音・半濁音)

ぴゃ
pya
びゃ
bya
ぢゃ
dya
じゃ
ja
zya
ぎゃ
gya
ぴゅ
pyu
びゅ
byu
ぢゅ
dyu
じゅ
ju
zyu
ぎゅ
gyu
ぴょ
pyo
びょ
byo
ぢょ
dyo
じょ
jo
zyo
ぎょ
gyo

促音

xtu
xtsu

通常、促音を表わす「っ」は「xtu」または、「xtsu」では 入力しない
通常は促音が入る後の音の子音を2度入力し促音入力する。
例:「hassha」「hassya」→「はっしゃ」
例:「micchiri」「mittiri」→「みっちり」

長音記号

-

長音記号「ー」はキーボード最上段「0」の右隣「-ほ」 と刻印のあるキーを押すことで入力することができる。
例:「suki-」→「スキー」

入力例

「isoginchaku」「isogintyaku」「isoginnchaku」「isoginntyaku」→「いそぎんちゃく」
「chottomatte」「tyottomatte」→「ちょっとまって」
「uddexiuddopekka-」→「うっでぃうっどぺっかー」

Maintainer:

K.Hayasaka (hayasaka@hokusei-jc.ac.jp)