現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 教員・研究室
  3. 溝口 雅明(ミゾグチ マサアキ)教授

溝口 雅明(ミゾグチ マサアキ)教授

プロフィール

顔写真

担当科目
生活経済創造論、北海道の生活と経済、生活とサービス産業、ビジネスコンピューティング、応用ビジネスコンピューティング、経営情報論、専門演習

研究分野
経営情報、産業情報、地域情報ネットワークシステム

ページのトップへ戻る

研究室紹介

大学で法律学と行政学を学んだ後、国家公務員、シンクタンク、コンサルティング会社などで、地域振興計画、産業振興政策、地域情報ネットワーク及び経営情報ネットワークに関する調査研究、コンサルティング、システム開発等に従事しました。その後、大学に職を転じ、これまでの経験と知識を活かし教育・研究活動に従事しています。また、この間、中小企業総合事業団・情報推進化アドバイザーと北海道地域産業情報センターのアドバイザーの委嘱を受け、地元中小企業の現実の経営問題と関わってきました。

短大では、経済系履修モデル(ゼミ/専門演習)を担当しています。勤続年数も20年を超え、さまざまな時代環境の中で多くの学生たちを指導し、社会に巣立つためのお手伝いをしてきました。就職や編入・進路のことで悩んでいる学生がいたら、是非、研究室まで来て下さい。「辛口」ですが、きっと役立つアドバイスを差し上げます。

授業の様子

  • 授業風景
  • 授業風景

ページのトップへ戻る

現在の研究課題

企業経営と情報システムの課題は、自社業務に適合するハード・ソフトをどう選択し、どのようにシステム構築するかというものから、インターネットを中核とするネットワークシステムの活用による新たな価値創造へと大きく変化してきています。これらをメインに研究活動をしています。

ページのトップへ戻る

著書・学術論文・業績

単著論文

  1. 地域情報通信システムの構築・導入手法および効果に関する調査研究」共著、財団法人 電気通信普及財団、1993(平成5)年12月
  2. 「北海道における地域情報ネットワークの現状と課題」単著、1993(平成5)年10月、日本都市情報学会 第8回全国大会予稿集
  3. 「地域社会と情報ネットワーク」 単著、1993(平成5)年6月、オフィスオートメーション学会 オフィスオートメーションVol.14 No.2
  4. 「電気通信分野の規制緩和にいま望むこと」 単著、1996(平成8)年3月、北海道自治研修所 ほっかいどう政策研究 第6号
  5. 「インターネットの進展と企業組織の変化」単著、1999年3月、北星学園女子短期大学紀要 第35号
  6. 「学校教育におけるネットワーク利用のルールとマナーをめぐる諸問題」単著、2002年3月、北星学園女子短期大学紀要 第38号
  7. 「住民基本台帳ネットワークシステムをめぐる諸問題」単著、2003年3月、北星論集第1号
  8. 「短期大学部生活創造学科学生を対象とした入学前教育に関する意識調査」学科共同研究、2007年3月、北星論集第5号
  9. 「学科専門科目『現代女性とキャリア』が学生の職業意識に与える効果について」学科共同研究、2008年3月、北星論集第6号

ページのトップへ戻る

社会での活動

【所属学会】日本情報経営学会、経営情報学会

最終更新日: 2017年09月06日