現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 入試ホット情報
  3. 卒業生メッセージ(進路・就職)

卒業生メッセージ(進路・就職)

編入学生

自分自身がやりたいことを見つけ、大事な人達と出会うことができた、成長が実感できた2年間でした。

伊藤 望さん
伊藤 望さんの写真
  • 札幌平岡高等学校出身
  • 生活福祉履修モデル(2015年度卒業)
  • 北星学園大学 社会福祉学部福祉計画学科3年

高校時代の私は、進路を決められずに悩んでいました。そんな時、高校の先生に、「短大なら途中で自分の学びたいことが見つかった時に、その分野の4年制大学に編入することができる」と助言されました。

生活創造学科では、福祉系の講義を中心に選択し、福祉学部への編入を目指しました。私は特に、現代社会の身近な問題とも言える「ワーキングプアの実態」や、ノーマライゼーション社会における「障害者雇用の課題」に関心を持ちました。また、「生活支援実習」では、福祉施設で当事者の方と触れ合うことにより、より専門的に深く学びたいという思いが強まりました。

現在、私は福祉計画学科へ編入し、相談援助実践論で福祉施設の方の話を聞いたり、公的扶助論で生活保護制度について学んでいます。将来は福祉関係の仕事に就きたいと考え、社会福祉士の資格取得を目標に勉強に励んでいます。短大から入部している吹奏楽部のサークル活動もあり、楽しく充実した日々を送っています。

私は生活創造学科で自分のやりたいことを見つけることができました。また、悩んだときに支えてくれる大切な友人や、親身になって相談にのってくれる先生にも出会うことができました。生活創造学科で過ごした2年間は私を成長させてくれた大切な時間でした。まだ進路が決められずに迷っている人は、ぜひ生活創造学科をお勧めします。

生活創造学科にはたくさんの可能性が秘められていると思います。自分が何をやりたいのかはっきりわからないという人も、生活創造学科で様々な分野を学ぶうちに、本当にやりたいことにきっと出会えるはずです。

ページのトップへ戻る

社会人

進路選択の幅が広い学科だから、自分の新たな可能性を見つける事ができます。

坂井 小夏さん
坂井 小夏さんの写真
  • 札幌大谷高等学校出身
  • 住居・インテリアデザイン履修モデル(2014年度卒業)
  • 宮坂建設工業株式会社

私が生活創造学科を知ったのは、色んなことに興味があったため進路を絞れずにいた時でした。「生活」を軸に置き、経済、福祉、デザインなど様々な事を学ぶ機会があるところに魅力を感じました。

最初の半年で各分野を少しずつ学び、その中で以前から興味のあった住宅関係をもっと知りたくなり、住居インテリアゼミに入りました。模型作り、CADやパース等、専門学校や工学部でしか学べないと思っていた事柄を勉強した短大生活はとても充実していました。

この学科の最大の魅力は2つあります。

1つ目はゼミで選んだ専門分野以外の授業も受講できる点。実際に私も、心理の授業を受けました。一つの分野に捉われず幅広い視野で生活を学ぶ事で新しい発想や、自分の新たな可能性を見つける事ができると実感しました。2つ目は卒業後の選択肢が多い点。就職して実践していくのも有り、何かの勉強を追求したくなれば編入や専門学校への入学も有り。「生活」について2年間で学ぶからこそ持てる選択肢です。

私は就職という道を選び、建設会社で積算という見積もりの仕事をしています。建築関連は元々やりたい事の一つであり、幾つかのやりたい事候補から、やっぱり建築関連の仕事をしたい!と思えたのは生活創造学科のおかげです。

何をやりたいか分からず迷っている人、興味のあることが多く進路を絞れずにいる人こそ、生活創造学科で将来の自分の選択肢を増やしてみてください。

経済・経営を始め心理学やデザインなど生活創造学科で学んだ幅広い知識が今の仕事の様々な機会に活きています。

服部 遥奈さん
服部 遥奈さんの写真
  • 北見緑陵高等学校出身
  • 経済・経営履修モデル(2012年度卒業)
  • 株式会社ジェイエスネットワーク
 

私は、高校生の時にはまだ自分が将来何をやりたいのかが、明確に決まっていませんでした。その中で生活創造学科を見つけ、心理学や経済学、デザインなど様々なことを学べると知り、この場所で自分のやりたいことを見つけたいと思いました。

入学後、いろいろなジャンルの授業を受講し、そのなかでも一番興味を持った経済・経営ゼミ(履修モデル)に進みました。「生活とサービス産業」の科目では、ホテル、外食、ブライダル、葬祭、コンビニ業界などの経営戦略をVTRと講義で学ぶという授業があり、業界の裏側や企業の工夫・努力の内容がすごく面白く、今でも印象に残っています。

卒業後は、auショップで働いています。カウンターでの接客はもちろんですが、パソコンを使って店舗内外のPOP作成やHPの更新作業なども担当しています。経済・経営ゼミで学んだ経営学やマーケティング、パソコンスキルだけではなく、心理学やデザインの知識が必要な部分もあるので、生活創造学科だったからこそ、今の仕事に活かせていると思います。

どこの学校に行こうか迷っている皆さん、生活創造学科では幅広い分野の勉強をコンパクトに学べます。生活創造学科でたくさんの知識や教養を吸収し、自分の本当にやりたいことを見つけ、楽しく充実した短大生活を送ってください。社会に出た時に、いろいろな場面で、きっと役立ちます。

短大生活は短いからこそ、自分の興味があることを集中して見極め
充実した生活を過ごすことが出来ます。

方尺 真美さん(旧姓:諏佐)
方尺 真美さんの写真
  • 北海道旭川北高校出身
  • 住居・インテリアデザイン履修モデル(2007年度卒業)
  • 現在:株式会社ニトリ 通販事業部

北星学園短期大学部に興味を持ったのは、2年間という限られた時間で学業と課外活動を両立して早く社会人になりたかったからです。4年制大学に比べると半分の時間にはなりますが、自分の学びたい事を短い期間に凝縮して取り組めると思いました。生活創造学科には様々な履修モデルがあり、自分の興味がある分野を選ぶことができます。また、自分が選んだ履修モデル以外の授業も受ける事ができ、興味や関心が広まったり、友人も多く出来ました。生活創造学科では、自分の興味があることを追求しながらも幅広い視野を持つ事が出来ます。

現在は、(株)ニトリに勤務しています。店舗業務を3年半、通販業務を1年経験し、現在は法人事業部に所属し法人向け営業やリフォームの業務を行っています。もともとインテリアや建築に興味があり、短大時代は住居・インテリアデザインを専攻していました。インテリア関係の仕事がしたいと思い入社し、お客様にコーディネートの提案をする時は、大学で学んだ間取りや色彩の知識が役にたっています。将来は、自分の手で人々の生活や暮らしを豊かにできる仕事がしたいと思っています。

短大生活は本当にあっという間です。入学した年の冬からは就職活動が始まり、次の年には卒業です。短いからこそ、自分の興味があることを集中して見極め、充実した生活を過ごすことが出来ます。学業と課外活動の両立や、また友人との交流など充実した短大生活を是非送ってください。

生活創造学科には様々な分野の科目を学ぶ環境があり、
そこで学んだ幅広い知識が今の職場でも大変役立っています。

相馬 沙矢香さん
相馬 沙矢香さんの写真
  • 北海道網走南ヶ丘高校出身
  • 表現とアート履修モデル(現・クリエイティブデザイン履修モデル)(2006年度卒業)
  • 現在:北洋銀行新川中央支店

私が北星学園大学短期大学部生活創造学科に興味を持ったのは、自分の興味のあるデザインやアートの勉強を出来ることに加え、幅広い分野の科目を学べると思ったからです。

履修モデルは表現とアートを専攻し、楽しく講義を受けました。更に就職のことも考慮し、他の履修モデルの科目も積極的に受講しました。銀行の方が講師をしている講義や、北海道の経済について等、生活創造学科には様々な分野の科目を学ぶ環境があり、幅広い知識を身につけることが出来ました。

現在は、株式会社北洋銀行に勤務しております。二度の転勤を経て現在の支店では、主に資産運用のご相談窓口でお客様に定期預金や投資信託、保険、国債等のご提案をさせていただいております。ご提案させていただいたお客様が喜んでおられるのを見るのは大変嬉しく、やりがいを感じます。更なる経験と知識を身に付け、お客様にお選びいただけるような銀行員になれるよう日々努力しております。

私は短大時代の履修モデルとは全く違う業種の職業に就きましたが、生活創造学科で学んだ幅広い知識は今の職場でも大変役立っております。二年間思う存分楽しく学び、充実した短大生活を送ることが出来たからこそ、今こうして働けると実感しております。短大生活はあっという間です。是非色々なことに興味を持って充実した学生生活を送ってください。

進路・就職

リンク先の「短期大学部データ」タブをクリックして下さい。

ページのトップへ戻る

最終更新日: 2017年09月06日