現在位置の階層

  1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 生活心理

生活心理

日々の暮らしに潜む心理学的問題に挑む

私たちの日常生活の中には、さまざまな心理学的問題が内在しています。交通標識は何色がよいかという知覚的な問題から、何故私はあの人とは気が合わないのだろうといった性格的・社会心理学的問題など、数え上げればきりがありません。生活創造専門演習では、私たちが日々の生活の中で遭遇するさまざまな問題を取り上げて、心理学的に理解していくことを目指します。

学生の声

生活心理履修モデルを中心に学びながら、興味がある他の分野の講義も受けることができます。

石垣 悠唯さん (生活創造学科2年 大麻高等学校出身)
写真:石垣 悠唯さん

私は高校時代、自分のやりたいことがわからずに悩んでいました。そんな時になんとなく北星学園大学のオープンキャンパスに行き、そこで生活創造学科のことを知りました。1年前期で幅広い分野を学び、その上で履修モデルを決められるという点に惹かれ、この学科への進学を決めました。

履修モデルを選ぶ時は、心理と福祉で迷いましたが、卒論を書く時に自分が一番興味を持って取り組める分野は何かを考え、生活心理履修モデルに決めました。心理ゼミに所属していても他の分野の講義を受けられるので、私は「現代子ども論」などの福祉系の講義や、将来役に立つと思い、「ビジネスコンピューティング」という経済系の講義も受けました。このように自分の履修モデルを中心に学びながら、興味がある他の分野の講義を受けることができるというのも生活創造学科の大きな特徴だと思います。

心理系の「カウンセリング論」という講義では、自分達がカウンセラー役とクライエント役を演じるロールプレイなどを中心に、楽しく学んでいます。

ゼミでは勉強の他にBBQパーティーをするなどして、ゼミ生間の交流を深めています。ほんわかして楽しいゼミです。

生活創造学科は入学してから進路を決められるので、まだやりたいことがわからず迷っている人でも大丈夫です。きっと充実した2年間を送ることが出来ると思います。

カリキュラム

科目名 学年

必要

生活学基礎演習Ⅱ(心)
1年次

必要

心理学Ⅱ
1年次

必要

社会心理学
1年次
心理学Ⅰ 1年次

必要

生活創造専門演習(心)
2年次

必要

カウンセリング論Pick up!
2年次

必要

発達心理学
2年次

必要

生活心理学
2年次

必要

生活心理学研究法
2年次

◎を付した科目は、その履修モデルの指定科目です。

Pick up!専門科目

カウンセリング論
授業写真

良好な人間関係を作り上げ、それを維持していく上で最も重要なことは、相手の話にしっかりと耳を傾けることです。これは、言葉で言うのは簡単ですが、実際には結構難しいことです。例えば友だちの相談事を聴く時、相手の話を聴いているつもりでも、ついつい自分のことを話してしまったり、相手の話を勝手に解釈してしまったり、元気づけるつもりで相手を援護したりしてしまいます。これでは本当の意味で話に耳を傾けることにはなりません。この授業では、さまざまな実習や講義を通して、「人の話に耳を傾ける」ことの理解を目指します。

学生論文

ページのトップへ戻る

最終更新日: 2017年09月06日