現在位置の階層

  1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 情報システム

情報システム

現代社会に必須のWebの世界に触れる

プログラミングを通してInformation Technologyの不易を学び、流行に対応できるようになることを目指します。CGなどのデジタル画像処理も学びます。

卒業制作ではWebプログラミングで情報処理システムを構築し、論理性と創造性を養います。

Webプログラミングとは、Webブラウザを使って入出力を行う仕組みを作ることで、通常は目にすることのできないコンピュータとインターネットの姿が見えてきます。

学生の声

自分で作ったプログラムが目の前で動くうれしさと達成感が魅力です。

加藤 理緒さん (生活創造学科2年 札幌西陵高等学校出身)
写真:加藤 理緒さん

高校三年生の時の私は、自分が何を一番学びたいのかわかりませんでした。そのようなときに姉から生活創造学科のことを聞き、ここならいろいろなことが学べると思い受験することを決めました。

情報システム履修モデルを選んだ理由は、もともとパソコンを扱うことが好きで、さらに深くパソコンについて学びたいと思ったからです。情報システム履修モデルでは、プログラミングについて学び、自分でプログラムを作ります。最初は難しいですが、先生が優しく教えてくれたり、友達同士でわからないところを教えあったりするので無理なく理解することができるようになります。難しくて失敗が多くても、最後に自分で作ったプログラムが正常に動くところを見るととても達成感があり、次も頑張って作ろうという気持ちになります。自分が作ったプログラムが目の前で動くといううれしさと達成感は、情報システム履修モデルでしか味わえない、大きな魅力だと思います。

さらに、北星短大のサークルは四大の人たちと一緒に行われます。私はボランティアサークルに所属しボランティアをしながらも四大の人たちと仲良くなり、とても楽しい毎日を送っています。

みなさんも生活創造学科で、一緒に学びませんか?

カリキュラム

科目名 学年

必要

生活学基礎演習Ⅱ(情)
1年次

必要

応用情報処理Pick up!
1年次

必要

Webパブリッシング
1年次

必要

グラフィックデザイン論
1年次

必要

デジタルグラフィックス基礎
1年次

必要

マルチメディア
1年次
生活情報論 1年次

必要

生活創造専門演習(情)
2年次
情報処理論 2年次
写真表現 2年次
情報収集と検索 2年次
応用マルチメディア 2年次
パフォーマンス 2年次

◎を付した科目は、その履修モデルの指定科目です。

Pick up!専門科目

応用情報処理

テキスト・ファイルの活用法を徹底的に学びます。文字データだけからなるテキスト・ファイルは、人間にも処理しやすいため、万能のファイル形式ともよばれ、その役割が廃れることはありません。クリックすると表示が変わる動的なWebページも、JavaScriptというプログラミング言語を使ったテキスト・ファイルになっています。この授業はWebプログラミングで必須のJavaScript入門でもあり、変数、制御構造、関数(サブルーチン)といったプログラミングの主要な概念を、例題を使った実習を通して学びます。

卒業制作

ページのトップへ戻る

最終更新日: 2017年09月06日